政策秘書の資格

政策秘書というのは国会議員政策担当秘書のことです。政策秘書になるためには資格が必要ですが、極めて難しい資格であるといわれています。政策秘書の資格を取得後は立法活動や専門的な仕事をサポートするという特別な仕事であるということから、国家公務員ではありますが、国会議員の政策立案能力をアップさせるために1993年からこの資格が設けられています。
国会議員政策秘書の資格を取得した後は、議員事務所で勤務することになり、仕事の具体的な内容としては、調査をしたり情報収集や分析、議員の政策立案、立法活動や議員立法を取りまとめるなど、様々な業務をサポートして行うことが仕事です。
政策秘書資格を取得するためには受験資格が必要です。受験資格は大学卒業者ということになっています。試験のないようとしては、国家公務員採用1種試験程度の一次試験と、一般教養、そして口述試験があります。受験は1年に1回東京で実施されています。
政策秘書になるためには試験に合格して資格を取得したことで採用されるという形になっています。今は若い人の政治への参加が少し見られるようになってきたことから、政策秘書の資格を取得して、働いてみようと思っている人も多いといわれています。若い人の風が吹き込むことで政治にも新しい雰囲気が流れるとしていいといわれていますね。政策秘書の資格を持って仕事についてからは、忙しいとは思いますが、とてもやりがいのある仕事に就いたことになるでしょう。
posted by 資格本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32339507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック