税理士資格

税理士の資格はかなり難易度が高い資格といってもいいと思います。税理士の資格というのは取得後は、税理いとして税務にかかわる専門的な仕事をします。税理士は、税務署でプロとして働くことはもちろんのこと、他にも税理士事務所を独立して立ち上げたりすることも可能です。申告納税制度の理念のもとに、納税義務やとの間に立って色々とアドバイスすることなども可能です。税理士の資格を取得するということはとても難しいとされています。大学や短大を卒業している人で、法律学や経済学を卒業している人という受験資格もあります。他にも色々と受験資格がありますから、受験資格を確認した上で税理士資格を取得するようにしましょう。税理士資格を取得してからの就職先としては、税理士資格を取得した80パーセントの人は、独立して事務所を開業しているのですが、他にも一般の企業へ就職している人や、税理士事務所へ就職している人なども多いです。税理士資格を取得後の仕事内容としては、税務署に提出する確定申告の承認申請を行ったり、更正決定に関する不服申し立てをしたり、税務調査に立ち会うなど、様々な税に関係する仕事を行います。
税理士の資格を取得した後には、色々と活躍の場はありますから、一生食べるに困らない資格といってもいいかも知れませんね。税に関する一般の人からの相談に乗ったり、指導をしたりすることも、税理士資格取得後の仕事の一つになります。税理士の資格試験は会計学、税法などの学科試験になります。
posted by 資格本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格