学芸員の資格

学芸員の資格を取得後は学芸員として博物館などで資料の整理をしたり収集や保管、管理などを行う専門的な仕事に就くことができます。学芸員の資格を取った後に博物お管で働くと言っても、博物館は色々な種類があるのです。郷土博物館や自然博物館意外にも、実は水族館も博物館の中の一つであるのですし、植物園も博物館の種類の一つになります。学芸員の資格を取得すればこれらの施設などで働くことができますが、学芸員の資格を活かして、標本の説明や展示など、来館者への対応などを行うのが主な仕事であるのです。
学芸員の資格を取得する人というのは、大変学識が高い人や経験を積んでいる人しかできないと感じますから、ほとんどの時が学芸員には大学や大学院を卒業している人がなっているケースがたくさん存在するといわれているのです。学芸員の資格取得後に博物で採用されて初めて学芸員として働くことができます。
学芸員の資格を取るための受験資格としては、認定試験と無試験認定の二つのふお法があるのであるのですが、試験で認定される時には学士の学位がある人、大学に2年以上いて62単位以上取得して、3年以上学芸員補佐を経験したことがある人、教員免許を持っていて、3年以上教員を経験している人など、さまざまな受験資格が必要となります。
posted by 資格本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格